今シーズン注目の花と緑の祭典。花のまち“恵庭”を舞台に『ガーデンフェスタ北海道2022』は6月開催!

恵庭 花の拠点「はなふる」
恵庭 花の拠点「はなふる」

恵庭市では、道と川の駅「花ロードえにわ」と「農畜産物直売所かのな」に加え、その裏手に広がる新設の「ガーデンエリア」や「センターハウス」などを含む計8.6ヘクタールを、恵庭 花の拠点「はなふる」として2020年11月にオープンしました。

ここ「はなふる」をはじめ、市内のストリートガーデンや個人の庭を公開するオープンガーデンなど、まち全体が会場となって開催されるのが、今シーズン道内で最も注目の“花と緑の祭典”、第39回 全国都市緑化北海道フェア『ガーデンフェスタ北海道2022』です!  「恵みの庭を 人がつながる 北の大地から。」をテーマに、北海道が花の最盛期を迎える、6月25日(土)~7月24日(日)の1カ月間にわたって催されます。(北海道および恵庭市、公益財団法人都市緑化機構の共催)。

第39回 全国都市緑化北海道フェア『ガーデンフェスタ北海道2022』フライヤー。色とりどりの花が描かれ、ワクワクと期待感も高まる
第39回 全国都市緑化北海道フェア『ガーデンフェスタ北海道2022』フライヤー。色とりどりの花が描かれ、ワクワクと期待感も高まる
メイン会場となる「はなふる」。夏は緑の芝生と噴水が涼しげ。芝生広場を中央に囲んで、7つのガーデンが広がる
メイン会場となる「はなふる」。夏は緑の芝生と噴水が涼しげ。芝生広場を中央に囲んで、7つのガーデンが広がる

「はなふる」はたくさんの人々を出迎えるメイン会場に。注目のガーデンエリアには、北海道を代表するガーデンデザイナーたちが手がけた“7つのテーマガーデン”が展開します。噴水のある中央の芝生広場を囲んで、花の最盛期はもちろんのこと、春から秋遅くまで、季節ごとの草花や風景を楽しませてくれるのが魅力です。

 

全体の指揮をとった高野ランドスケープをはじめ、地元恵庭のサンガーデンやえこりん村、イコロの森、上野ファーム・上野砂由紀さんや英国チェルシーフラワーショウでゴールドメダルを受賞した佐藤未季さん・柏倉一統さんらが、それぞれ異なるコンセプトの個性的で質の高いガーデンをつくり上げています。

グラベルガーデン
グラベルガーデン
大きなカステラが焼ける庭
大きなカステラが焼ける庭
暮らしを楽しむ庭
暮らしを楽しむ庭
ミチノモリ
ミチノモリ
虹色の鳥
キッチンガーデン
キッチンガーデン

また、恵庭市を拠点に、近隣のまちの多彩なガーデンや、北海道ならではの文化、自然風景をめぐることもできます。さまざまな場所に足を延ばしてみてください。 

春が来れば、「ガーデンフェスタ北海道2022」の開催までいよいよカウントダウン! niwacul(ニワカル)編集部でもメイン会場「はなふる」のガーデンの様子をはじめ、予定されるイベント情報も随時発信していきます。お楽しみに!

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

13

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

  • TOP
  • COLUMN
  • 今シーズン注目の花と緑の祭典。花のまち“恵庭”を舞台に『ガーデンフェスタ北海道2022』は6月開催!