第8回

第8回 <niwacul×コメリ> 花と庭・暮らしの楽しみ方 ~<Vol.3>春色のコンテナ作り おすすめの春の花々

「育てる」「楽しむ」「暮らす」「つながる」…etc. 庭から広がる〝楽しみ方(花・庭、DIY)のノウハウ″を、ホームセンター「コメリ」のマイスターたちが、テーマに沿ってお伝えしていきます。

 

今回の取材

コメリパワー苫小牧東店 グリーンマイスター(加藤さん、高橋さん)

春色のコンテナ作りに“おすすめの花”

Vol.1><Vol.2>では春色コンテナの作り方、園芸道具についてなどお伝えしてきました。ここでは、春の寄せ植えコンテナに“おすすめの花々”をコメリのグリーンマイスターがセレクトしてくれましたので、ご紹介します。

春といえば、やっぱりパンジー&ビオラのコンテナ作りは欠かせませんが、いろいろな春の花を寄せ植えして玄関先などに飾り、そのカラフルな彩りを楽しみたいものです。待ちわびた春の訪れに、ワクワクしてきます。
春の一年草のほか、スイセンやヒヤシンス、チューリップなどの芽出し球根(芽をつけた球根)を利用するのもおすすめです。芽出し球根は、春にポット苗で店頭に並びます。

大きめの鉢にカラフルに寄せ植え。パンジーやビオラ、デージー、ネメシアなどの一年草、葉のきれいなアイビー、ヒヤシンスなどの芽出し球根も一緒に
大きめの鉢にカラフルに寄せ植え。パンジーやビオラ、デージー、ネメシアなどの一年草、葉のきれいなアイビー、ヒヤシンスなどの芽出し球根も一緒に
玄関先や庭先に置いて、目を引くアクセントに
玄関先や庭先に置いて、目を引くアクセントに

寄せ植えに使いたい! 春の花たち

スイートアリッサム
ごく小さな花を集まって咲かせ、主張しすぎない花の様子は寄せ植えにおすすめ。育てやすい花です。

スイートアリッサム
スイートアリッサム

 

●デージー
北海道では早春から店頭に並びます。品種により花色や花形はさまざま。背が低く、とても愛らしいです。

デージー
デージー

 

●ネメシア
一年草のネメシアが春から出回り、春らしい彩りの一つに。少し背丈が出るので、寄せ植えに高さを加えてくれます。

ネメシア
ネメシア

 

●芽出し球根(チューリップ、スイセンなど)
チューリップやスイセンなど、つぼみを付けた春の球根花(芽出し球根)の利用もおすすめです。春らしい彩りを加えてくれます。

 

●ベゴニア
一年草のベゴニアは、ほどよいサイズ感で寄せ植えに◎。春にはピンクや白などの花色が似合います。丈夫で育てやすく、長く花を楽しめます。

 

●ペチュニア
春の気温が安定してくるとペチュニアの出番。花色も豊富にあり、どんな花とも合わせられます。長期間楽しめるのも魅力です。

 

●マリーゴールド
晩春からは、マリーゴールドも取り入れて。夏に向かって活躍してれます。虫がつきにくく、丈夫で育てやすい花の一つです。

 

●アイビー
寄せ植えにはグリーンの植物も加えたいですね。そんなときに活躍してくるアイビー。最近は葉の形もさまざまあっておすすめです。

アイビー
アイビー

 

今回、コンテナの作り方などを教えてくれのは、グリーンマイスターの加藤さんです。花シーズンのはじまりは、春色のコンテナ作りから。存分にガーデニングを楽しみましょう。

コメリパワー苫小牧東店・グリーンマイスターの加藤さん。「ビオラだけなど1種類の花を使ったコンテナ作りなら、そんなに難しくありません。花色合わせを楽しみながら、チャレンジしてみください」。
コメリパワー苫小牧東店・グリーンマイスターの加藤さん。「ビオラだけなど1種類の花を使ったコンテナ作りなら、そんなに難しくありません。花色合わせを楽しみながら、チャレンジしてみください」。

コメリパワー苫小牧東店
住所:北海道苫小牧市新開町2-2-3
TEL:0144-53-1600

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

4

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

連載記事

    • TOP
    • COLUMN
    • 第8回 <niwacul×コメリ> 花と庭・暮らしの楽しみ方 ~<Vol.3>春色のコンテナ作り おすすめの春の花々