札幌「百合が原公園」の春! ムスカリと色彩豊かなチューリップの共演を楽しもう

心地よい春の陽気が広がり、北海道にも本格的な花シーズンが到来しました!  シーズンを彩る魅力的な花々を見に、ガーデンへ出かけてみませんか?

今回は、札幌市北区にある「百合が原公園」の、春の見ごろの花・エリアをご紹介します。

 

サイロ下に広がる“ムスカリとチューリップ”の共演「ムスカリの道」が見ごろ!

春のおすすめエリア。サイロを背景に、ムスカリとチューリップの花風景が広がる「ムスカリの道」は、春の百合が原公園の人気撮影スポット!
春のおすすめエリア。サイロを背景に、ムスカリとチューリップの花風景が広がる「ムスカリの道」は、春の百合が原公園の人気撮影スポット!

25.4ha(ヘクタール)という広大な敷地がある「百合が原公園」は、6,400種類もの植物が育てられている、札幌市北区最大の総合公園です。

公園内に暖かくやわらかな風が吹き始める春のシーズン、おすすめの花のエリアといえば「ムスカリの道」です。酪農地域であったという歴史的な景観を残す存在のサイロ下には、青紫色のムスカリが絨毯(じゅうたん)のように一面に広がり、バラエティー豊かなチューリップ約80種類・7,400本との共演が楽しめる春の名風景花壇となっています。

【見どころ①】 サイロを背景に春色の花風景が広がる「ムスカリの道」

「ムスカリの道」は人気の観覧列車「リリートレイン」からも、ムスカリとチューリップの共演を楽しめます。 見ごろ時期:5月上旬~5月中旬

青紫色のムスカリの絨毯の中、多彩な花色や花形のチューリップが浮かび上がる
青紫色のムスカリの絨毯の中、多彩な花色や花形のチューリップが浮かび上がる
チューリップ‘キースネリス’。赤い花びらに黄色の縁取りが鮮やかな2色咲き
チューリップ‘キースネリス’。赤い花びらに黄色の縁取りが鮮やかな2色咲き
チューリップ‘メリープリンス’。愛らしい赤色の花に白い縁取りが入る一重咲き
チューリップ‘メリープリンス’。愛らしい赤色の花に白い縁取りが入る一重咲き

 

また、サクラが見ごろの知らせも聞こえてきました! 公園内のあちらこちらにチシマザクラやソメイヨシノなどが咲き、マグノリア(モクレンやコブシなど)も開花します。存在感のある美しい姿はもちろん、甘い香りも魅力の一つです。

【見どころ②】 百合が原公園に春を呼び込む“サクラやマグノリア”

公園内ではチシマザクラやソメイヨシノ、サトザクラなどのほか、紫色やピンク色、白色の大きな花弁が魅力のマグノリアも次々に花開いて、各所を春色に染めていきます。 見ごろ時期:4月下旬~5月中旬

大木のサクラが無数の花を付け、青空に映える花の様子も美しい。春らしいサクラの香りも感じて。写真はソメイヨシノ
大木のサクラが無数の花を付け、青空に映える花の様子も美しい。春らしいサクラの香りも感じて。写真はソメイヨシノ
マグノリア‘メリル’。日差しを受けた純白の花色と、花びらを広げる大きな花が特徴。甘くさわやかな香りも漂わせる
マグノリア‘メリル’。日差しを受けた純白の花色と、花びらを広げる大きな花が特徴。甘くさわやかな香りも漂わせる

 

人気の観覧列車「リリートレイン」からの車窓は、札幌の姉妹都市3カ国の代表する庭と、日本庭園が再現された「世界の庭園」など、各名所をめぐりながら四季折々の花を眺め楽しむことができます。

【見どころ③】 “世界の庭園”で咲く季節の植物

札幌市と姉妹都市3カ国の代表する庭園と日本庭園を、季節の植物とともに楽しめる「世界の庭園」。ボーダーガーデンではカタクリやスイセン、ヒヤシンスなどの春の植物が広がり、満開のブンゴウメやヨドガワツツジ、ユキヤナギ、ヤマブキなど明るい花色の植物たちが、それぞれの庭園の風景に溶け込みます。 見ごろ時期:5月上旬~

「瀋芳園」に咲くヤマブキ。明るい黄色の花がアクセントになり、雰囲気を高める
「瀋芳園」に咲くヤマブキ。明るい黄色の花がアクセントになり、雰囲気を高める
日本庭園。春はツツジのピンクや橙の花色が映え、庭園の風景をより魅力的に演出する
日本庭園。春はツツジのピンクや橙の花色が映え、庭園の風景をより魅力的に演出する

 

春先の花々が咲き進む中、札幌市の市花ライラックや風に揺れてやわらかな香りが楽しめるフジ、初夏を彩るバラなど花リレーは続いていきます。

初夏へと誘うやわらかな芳香の“ライラックやフジ、バラ”の花々

札幌にも心地よい初夏の風が吹き始める頃、札幌の市花として愛されているライラックや、紫や白色の房状の花が垂れて揺れる姿が美しいフジ、気品ある花姿のバラやハマナスなど、やわらかな香りも楽しめる植物たちが生きいきと咲き乱れる季節に移っていきます。 見ごろ時期:ライラック、フジ/5月下旬~6月上旬、バラ/6月中旬~7月

フジ棚にこぼれるように花穂を垂らす、フジの美しさと香りに魅了される
フジ棚にこぼれるように花穂を垂らす、フジの美しさと香りに魅了される
ピンク、紫、白などの多彩な花色と、漂う香りも魅力。写真はフレンチライラック‘ヘザー’
ピンク、紫、白などの多彩な花色と、漂う香りも魅力。写真はフレンチライラック‘ヘザー’
バラやハマナシの気品ある花と香りを楽しむ。写真は原種のバラ(オールドローズ)‘スタンウエル パーペチュアル’
バラやハマナシの気品ある花と香りを楽しむ。写真は原種のバラ(オールドローズ)‘スタンウエル パーペチュアル’

百合が原公園だからこそ、見られる植物たち

神秘的な黒い花を咲かせる「クロユリ」や、白いハンカチのような姿の花を咲かせる「ハンカチの木」。寒冷な気候のチベット南部~中国西南部の高地に自生し、透き通るような青い花色が美しい「ヒマラヤの青いケシ」など、百合が原公園では大変珍しい植物たちにも出会えます。

クロユリ。独特の花色と姿が神秘的
クロユリ。独特の花色と姿が神秘的
ハンカチの木。白いハンカチのようにヒラヒラとした姿が特徴的
ハンカチの木。白いハンカチのようにヒラヒラとした姿が特徴的
ヒマラヤの青いケシ(メコノプシス・ホリドゥラ)。暑さが苦手で、北海道でも栽培が難しく希少
ヒマラヤの青いケシ(メコノプシス・ホリドゥラ)。暑さが苦手で、北海道でも栽培が難しく希少

百合が原公園スタッフのおすすめ!

リリートレイン駅舎。ここから「リリートレイン」に乗って公園内の周遊へ出発! 心地よい日差しの下、ワクワクする春色の花風景を堪能。夏期間は駅舎内のレストランも営業
リリートレイン駅舎。ここから「リリートレイン」に乗って公園内の周遊へ出発! 心地よい日差しの下、ワクワクする春色の花風景を堪能。夏期間は駅舎内のレストランも営業
公園内を周遊するリリートレインに乗って、一面に花が広がる春の風景や姉妹都市3カ国の庭園や日本庭園をめぐろう。写真は、菜の花が広がるエリア
公園内を周遊するリリートレインに乗って、一面に花が広がる春の風景や姉妹都市3カ国の庭園や日本庭園をめぐろう。写真は、菜の花が広がるエリア

【Information】 レストランやガーデンショップにもお立ち寄りを

公園内の散策を楽しんだ後、こちらの施設はいかがでしょう! 自慢のから揚げや春巻の定食や麺類のほか、百合が原公園ならではの“ユリ根”を使ったメニューも楽しめる「レストラン百合が原」。「ガーデンショップ」では、花壇に色を添える花苗や雑貨のほか、野菜苗なども種類豊富に取り揃えています。小さなお子さんでも安心して遊ぶことができる遊具広場や芝生広場は、ご家族で出かけた際にもいち押しのスポットです。
食事やお買い物、子どもたちの大人気スポットなど充実の施設や、見どころも豊富な「百合が原公園」に、ぜひ遊びに出かけてみましょう!

ガーデンショップには、春からたくさんの花苗や野菜苗、素敵なガーデン雑貨が並ぶ

遊具広場があり、お子さんも楽しく体を動かして遊ぶことができる
遊具広場があり、お子さんも楽しく体を動かして遊ぶことができる

札幌「百合が原公園」

住所:札幌市北区百合が原公園210
TEL: 011-772-4722(百合が原公園管理事務所/庭園・リリートレイン)
駐車場:あり(276台・無料) ※冬期間中はP2駐車場のみ開放(138台・無料)
※公園は通年24時間開放・無料
URL:https://yuri-park.jp/

 

【園内施設の詳細】
・温室(百合が原緑のセンター) TEL:011-772-3511
営業:通年、8:45~17:15 ※月曜休み(月曜祝日の場合翌平日)
料金:温室/高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上、障がいのある方は証明書等提示で無料
URL:https://yuri-park.jp/guide/facility/

 

・ガーデンショップ TEL:080-1978-0536
営業:通年、9:30~17:00 ※月曜休み(月曜祝日の場合翌平日)
URL:https://yuri-park.jp/guide/facility/gardenshop/

 

・レストラン百合が原 TEL:011-774-3522
営業:4/15(金)~10/30(日)、イートイン10:00~15:00(LO14:30)・テイクアウトコーナー10:00~16:00、期間中無休
URL:https://yuri-park.jp/guide/facility/restaurant/

 

・世界の庭園 
営業:4/23(土)~11/3(木・祝)、8:45~17:15(入場は16:45まで)、期間中無休
料金:高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上、障がいのある方は証明書等提示で無料
URL:https://yuri-park.jp/guide/facility/teien/

 

・リリートレイン
営業:4/23(土)~10/30(日)、10:00始発・17:30または17:40最終 ※4月~9月無休(10月は平日運休)

料金:小学生以上(1回)360円  ※未就学児、65歳以上、障がいのある方は証明書等提示で無料
URL:https://yuri-park.jp/guide/facility/lilytrain/

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

8

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

  • TOP
  • COLUMN
  • 札幌「百合が原公園」の春! ムスカリと色彩豊かなチューリップの共演を楽しもう