第40回

今週の花(5月9日) 芽出し球根の彩り

エルミタージュ=隠れ家的な、走川さんご夫婦のお庭から、今が旬の「今週の花」を紹介します。北海道にも、いよいよ春の訪れです。

撮影:走川 正裕 ・ 貴美 文:走川 貴美

昨年の秋に、チューリップやスイセンのポット植えを作りました。地植えの球根たちよりも早く花が咲き出しますので、そろそろ終わりそうなプルモナリアの花の後ろに配置して、庭に彩りを添えるようにしました。

長沼スキー場にわりと近い場所にある我が家の庭では、札幌と比べるとどの花も少しだけ開花が遅い。咲き出した芽出し球根の花は、まだまだ花色の少ない春の庭では重宝します。

昨年秋のうちに準備したポット植えのチューリップを彩りに利用
昨年秋のうちに準備したポット植えのチューリップを彩りに利用

ひと月前に植えたダリアが芽を出してきました。夏から秋まで咲き続けてくれるので、庭の彩りに役立ちます。ほかの花と一緒に鉢植えにしたものを、日当たりのよい場所で管理しているところです。こちらも同じように、宿根草の中に置くものです。

ダリアは秋に掘り上げて保管するだけなので、わりと管理もラクな方だと思います。毎回半分は失敗しますけど…、そこはあまり気にしないようにして(笑)。

夏の花壇のアクセントになってくれることをイメージして鉢植えに

それにしても寒い日が続いていますね。おかげさまで桜はじっと満開のまま。このままいくとGW明けまで、咲いていてくれそうです。シラネアオイはつぼみのままで、まだ開いていません。

シラネアオイはつぼみのまま。春らしい暖かな日差しを受けて、開花してくれることを期待
シラネアオイはつぼみのまま。春らしい暖かな日差しを受けて、開花してくれることを期待

タネまきしたトレーがいっぱいあるのですが、もう少しこのまま頑張ってもらいます。私が寒くて庭仕事をしたくないので、もう少し気温が上がるまでお休みをいただきたい気分です。

育苗中の花たち
育苗中の花たち
大きくなってきた苗が、定植を待っている。もう少し気温が安定してきたら庭植えや寄せ植えに
大きくなってきた苗が、定植を待っている。もう少し気温が安定してきたら庭植えや寄せ植えに

宿根草は、春になってからいち早く買い集めたものがあります。札幌の東区にあるガーデニングショップ「トリム」さんで、ジギタリス イルミネーションを見つけて購入してきました。アンチューサも手に入れました。

購入してきたジギタリス イルミネーションの苗
購入してきたジギタリス イルミネーションの苗
ジギタリス イルミネーションの花。花色が魅力的で、お気に入りの一つ。お店で見つけたら、買うようにしている
ジギタリス イルミネーションの花。花色が魅力的で、お気に入りの一つ。お店で見つけたら、買うようにしている

イチゴは、孫のために先日植えたのですが、「孫のためなら、寒さも何のその」ということですかね。

イチゴの鉢植え。孫たちが遊びにきて、庭でいちご狩りを楽しむ
イチゴの鉢植え。孫たちが遊びにきて、庭でいちご狩りを楽しむ

そろそろ野菜畑も耕さなくては! 夫が耕耘機を使ってするのですが、なかなか重い腰が上がりません。野菜苗はそんなに早く植えないのでよいのですが、気の早い人はもう苗を買い揃えているようですね。

先日購入した数種類の野菜の苗。気温が上がってくるのを待って定植を
先日購入した数種類の野菜の苗。気温が上がってくるのを待って定植を

私もそれに便乗して、キュウリ、ナス、鷹の爪などを先日買ってきてしまいました。今は、簡易ハウスでの管理です。トマトはいとこがたくさん苗を作っているのを、毎年もらって育てています。…花より団子になりつつあるのでしょうか。

 

もう少し暖かくなったら、今シーズンも本格的に活動を開始したいと思います!

この記事を書いた人

走川  貴美

走川 貴美

「オフィスサムグリーン」代表。「AMAサポーターズ倶楽部」代表、2016年に第27回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰受賞。日本フラワーデザイナー協会の講師なども務める。6年前から長沼町に移り住み、約750坪の庭を手入れしながら大好きな花々と緑に囲まれて暮らす。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

8

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

連載記事

    • TOP
    • COLUMN
    • 今週の花(5月9日) 芽出し球根の彩り