はなふる “7つのガーデン” ~「大きなカステラが焼けるお庭」

 
●大きなカステラが焼けるお庭
Picnic&Library Garden

ガーデンデザイン:柏倉一統さん(株式会社キノ花計画)、佐藤未季さん(未季庭園設計事務所)

楽しいピクニックとゆっくり本が読める空間

ガーデンデザイン・植栽を手がけた、佐藤未季さん(左)と柏倉一統さん(右)
ガーデンデザイン・植栽を手がけた、佐藤未季さん(左)と柏倉一統さん(右)

それぞれ思い思いの時間を楽しく過ごして欲しい…という願いを込めてデザインした「大きなカステラが焼けるお庭」。芝生広場や果樹園、木立にダイニングテーブルやベンチ、ライブラリーなどを設けて、みんなで集まって楽しんだり、のんびりと一人の時間を過ごしたり、読書や楽器の演奏を楽しんだりと、訪れた人たちが“楽しむ”ことで完成する庭です。

 

ベンチに座ってのんびりと、広い芝生にはピクニックシートを広げて
ベンチに座ってのんびりと、広い芝生にはピクニックシートを広げて

植物は四季を通じて、バトンタッチして咲き続くように植栽しています。鮮やかな色合いのチューリップで春の訪れを告げたあと、夏にはシャクヤクやアリウム、ヘレニウム、アスターなどと続き、小さな果樹園ではジューンベリー、ブルーベリーやハスカップが可愛らしい実を付けます。細かな組み合わせの植栽を行なっているので、気に入った風景を切り取って、ご自宅の庭でも試してみてください。
2カ所に配置したダイニングテーブルはそれぞれ、朝と夕方の時間をイメージ。西側には朝のさわやかな光に合うピンクやブルー、クリーム色の花を、東側には温かみのある夕陽に映える赤、オレンジ、黄色の花を植栽しています。

多彩なチューリップ、ジューンベリーやユキヤナギなどの白花が華やか。春の澄んだ青空にもぴったり
ジューンベリーの花が終わる頃、宿根草の彩りが増してくる
ジューンベリーの花が終わる頃、宿根草の彩りが増してくる
2カ所に設けたダイニングテーブル。西側と東側とで植栽が異なるので、それぞれの雰囲気を楽しまる。テーブルの中央には、イチゴやハーブなどの植え込みも
2カ所に設けたダイニングテーブル。西側と東側とで植栽が異なるので、それぞれの雰囲気を楽しまる。テーブルの中央には、イチゴやハーブなどの植え込みも

また、メドウガーデンでは、アイリスやハナシノブ、ワレモコウなど、恵庭に自生する植物を園芸品種に落とし込んで植栽。あえてジグザグのブロック(区画)にデザインし、大きく育ったグラス類の中で、子どもたちがかくれんぼをしたり、走り回ったりして遊べる庭に。グラスが穂を立てる夏から秋にかけての風景もメドウガーデンの魅力です。特に夕暮れ時、夕陽を受けて穂が輝きを増すゴールデンタイムは、ぜひ見て欲しいポイントの一つです。

グラス類の成長過程に見られるユニークな姿や、一緒に植栽している季節の花の移り変わりも楽しんで
夏から秋にかけては、グラス類の穂の美しさを堪能
夏から秋にかけては、グラス類の穂の美しさを堪能

ラベンダーの香りに包まれてひと休みできるラウンジカウンターや、ピクニックを楽しめる芝生広場など、リラックスして自由に楽しみ、笑い声や歌が響き合うような気持ちのよい空間です。花や緑、香りに包まれて、思い思いの時間を過ごしてみてください。

春のガーデン風景(5月12日・23日の様子)

隣接する道の駅からテイクアウトを持ち込んで庭でいただいり、花を眺めながら散歩を楽しんだり、春の日差しの下で自由に過ごす人たちを目にします。また、「ガーデンフェスタ北海道」の開催に向けて庭の準備も進んでいます。

 

 

ジューンベリーの白花に導かれて「大きなカステラが焼けるお庭」へ
ジューンベリーの白花に導かれて「大きなカステラが焼けるお庭」へ
花を眺める人たちや、愛犬とのお散歩姿も多く目にする。近隣や遠方からも訪れている
花を眺める人たちや、愛犬とのお散歩姿も多く目にする。近隣や遠方からも訪れている
苗の植え付けなど、イベントに向けて植栽の仕込み中。写真は柏倉さん
苗の植え付けなど、イベントに向けて植栽の仕込み中。写真は柏倉さん

Profile

柏倉 一統さん
株式会社キノ花計画 代表取締役。2級造園施工管理技士・2級造園技能士。京都造形芸術大学卒。20代から公園の施工管理業務を経験後、月形町にてガーデンデザイナー梅木あゆみに師事する。2019年「RHSチュエルシーフラワーショー」金賞受賞。
柏倉 一統さん
株式会社キノ花計画 代表取締役。2級造園施工管理技士・2級造園技能士。京都造形芸術大学卒。20代から公園の施工管理業務を経験後、月形町にてガーデンデザイナー梅木あゆみに師事する。2019年「RHSチュエルシーフラワーショー」金賞受賞。
佐藤 未季さん
未季庭園設計事務所 ガーデンデザイナー。英国Writtle Collageにて造園、Inchbald School of Garden Designにてガーデンデザインを学ぶ。ヒリア樹木園、アダム・フロスト・デザインにて研修。2019年「RHSチュエルシーフラワーショー」金賞受賞。
佐藤 未季さん
未季庭園設計事務所 ガーデンデザイナー。英国Writtle Collageにて造園、Inchbald School of Garden Designにてガーデンデザインを学ぶ。ヒリア樹木園、アダム・フロスト・デザインにて研修。2019年「RHSチュエルシーフラワーショー」金賞受賞。

【実績・受賞歴】2011年 「北彩都ガーデン」植栽計画(旭川市) 2012-2014年 「十勝ヒルズ」ランドスケープデザイン・ガーデンデザイン(幕別町) 2014年 「国際バラとガーデニングショウ」ガーデンコンテスト フロントガーデン部門 準優秀賞(東京)2019年 「RHSチュエルシーフラワーショー」金賞受賞(英国)

 

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

8

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

  • TOP
  • COLUMN
  • はなふる “7つのガーデン” ~「大きなカステラが焼けるお庭」