はなふる “7つのガーデン” ~「暮らしを恵む庭」

 
●暮らしを恵む庭
A Garden-Celebrating Life

恵庭市フラワーマスター協議会

人をつなぐ“みんなのいこいの花畑”

もともと恵庭市 恵み野エリアにあった、「いこいの花畑」に咲いていた花々の一部を移植してつくられたガーデンです。「住まいと暮らし」に寄り添った暮らしのモデルガーデンとして、恵庭市 花の拠点「はなふる」オープンとともに誕生しました。
ほかのテーマガーデンとは異なり、花のまちづくり活動のサポートなどを行なっている「恵庭市フラワーマスター協議会」と造園のコンサル企業とで何度もデザインやコンセプトを練り、“一般住宅で叶う庭”をイメージしてデザインされました。

春はタイムのピンクの花と香りに誘われる
春はタイムのピンクの花と香りに誘われる
夏は鮮やかな一年草の花々の演出も
夏は鮮やかな一年草の花々の演出も
建物のフロント側は季節の宿根草や一年草の花の彩りが、訪れる人たちを出迎える
建物のフロント側は季節の宿根草や一年草の花の彩りが、訪れる人たちを出迎える

宿根草をメインとした花壇を設けて小道を配したり、芝生を敷いたり、野菜を育てているキッチンガーデンもあります。見に来た人が、「これなら自分の家の庭でもできそう!」と思えるデザインやヒントがあちらこちらに散りばめられているのも、この庭ならではの魅力です。
建物の広いデッキに腰を掛け、休憩しながら花を眺めてみるものよいでしょう。

春から初夏へと向かう庭の様子。季節を追って、約200種類の宿根草や一年草が花風景をつくる。フェンスの向こうには、隣り合わせのガーデンが借景に
春から初夏へと向かう庭の様子。季節を追って、約200種類の宿根草や一年草が花風景をつくる。フェンスの向こうには、隣り合わせのガーデンが借景に
キッチンガーデンでは、キュウリやミニトマト、ズッキーニなどさまざまな野菜も育てている。写真は夏の様子
キッチンガーデンでは、キュウリやミニトマト、ズッキーニなどさまざまな野菜も育てている。写真は夏の様子

庭の中にある建物は、集会施設として利用されています。恵庭市フラワーマスター協議会では、月1回「ガーデン講習会」を実施。雪解け時期の庭作業から始まり、日々の手入れや管理、シーズン最後は冬囲いで終わる内容で、毎年5月〜11月までトータル7回開催されます(1回500円で受講可能)。ほかにドライフラワー教室や料理教室、陶芸作品の展示会なども行なわれています。
大きな窓から見えるのは、季節ごとの花々。それを眺めながら、仲間と一緒に楽しい時間を過ごせる場所です。また、冬の庭ではキャンドルナイトも。キャンドルが灯され、幻想的な雰囲気が演出されます。

お話を伺った杉若 圭一さん(恵庭市フラワーマスター協議会)。会での活動のほか、自宅の庭でもガーデニングを楽しんでいる
お話を伺った杉若 圭一さん(恵庭市フラワーマスター協議会)。会での活動のほか、自宅の庭でもガーデニングを楽しんでいる

市民や一般利用も可能な集会施設

集会施設は前日までに予約すれば一般利用も可能。教室や展示会、ランチ会やちょっとした会合などにもおすすめです。利用料は、1時間あたり恵庭市民500円、市外の方670円、営利目的の場合は1,400円となっています。施設内の利用はせず、外のデッキで休憩したりするのは自由です。

建物と庭とのデザインは参考になるほか、集会施設としての役割も
建物と庭とのデザインは参考になるほか、集会施設としての役割も
夏から秋へと向かう花風景。建物を囲むように、庭が広がっている
夏から秋へと向かう花風景。建物を囲むように、庭が広がっている

Profile ~お話を伺った人

恵庭市フラワーマスター協議会
杉若 圭一さん
市内でガーデニングに関する専門的な知識と技術を持つ北海道知事認定のフラワーマイスター15名により、平成17年2月に発足した協議会。恵庭市や「恵庭花のまちづくり推進会議」が中心となって展開する「花のまちづくり活動」のサポートや、毎年6月に開催の「恵庭花と暮らし展」でのアドバイザーとしても活躍。
恵庭市フラワーマスター協議会
杉若 圭一さん
市内でガーデニングに関する専門的な知識と技術を持つ北海道知事認定のフラワーマイスター15名により、平成17年2月に発足した協議会。恵庭市や「恵庭花のまちづくり推進会議」が中心となって展開する「花のまちづくり活動」のサポートや、毎年6月に開催の「恵庭花と暮らし展」でのアドバイザーとしても活躍。

【実績】恵庭市フラワーマスター協議会/花のまちづくり活動のサポート 写真展や地域交流会のサポート花とも写真展、写真講習会の実施花の拠点(はなふる)ガーデンエリア植栽監修

 

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

4

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

  • TOP
  • COLUMN
  • はなふる “7つのガーデン” ~「暮らしを恵む庭」