第46回

今週の花(6月20日) 花盛りになりつつある庭

エルミタージュ=隠れ家的な、走川さんご夫婦のお庭から、今が旬の「今週の花」を紹介します。北海道にも、いよいよ春の訪れです。

撮影:走川 正裕 ・ 貴美 文:走川 貴美

シャクヤク
シャクヤク

シャクヤクが咲き始めました! 大きな花は重たくて倒れそうなので、アイアン製の支柱を立ててサポートしてあげています。

バラとのコラボレーションを楽しみにしていたので、いまいちな感じに残念な気もしますが、大きくてきれいなシャクヤクの花は庭の中で存在感を放っています。

シャクヤクは、花木ではなく宿根草。毎年枝を伸ばして、優雅な大輪の花を付ける。庭の中では、ひときわ存在感がある
シャクヤクは、花木ではなく宿根草。毎年枝を伸ばして、優雅な大輪の花を付ける。庭の中では、ひときわ存在感がある

今シーズン、最初に咲いたバラは‘ワイルド エドリック’。ハマナスに近い品種です。株が大きくなるのでいつも切り詰めています。花は次から次と咲いてくれる優れものです。寒さに強いのも助かります。

バラ‘ワイルド エドリック’。ハイブリッドルゴサ系のイングリッシュローズ。四季咲き。強いオールドローズの香りも特徴。シュラブ樹形、トゲはやや多め
バラ‘ワイルド エドリック’。ハイブリッドルゴサ系のイングリッシュローズ。四季咲き。強いオールドローズの香りも特徴。シュラブ樹形、トゲはやや多め

2番手のバラは‘ウェッジ ウッド ローズ’です。この花は正面より横から見た方が、私はきれいだと感じています。優しいピンクの花色が好きです。

バラ‘ウェッジ ウッド ローズ’。シュラブ状に育つ。花色は中心がローズピンクで、外側は淡いピンクに。きれいな花色と花の姿に魅了される
バラ‘ウェッジ ウッド ローズ’。シュラブ状に育つ。花色は中心がローズピンクで、外側は淡いピンクに。きれいな花色と花の姿に魅了される

もうすぐ‘ピエール ドゥ ロンサール’も咲くと思います。ここ長沼では冬を越すと上方の枝が枯れてしまい、つるバラにはならないのですが、下方で重たそうに花を付けている様子に「何だかけな気だな…」といつも思います。それはそれで可愛いですね。札幌のよそのお宅の庭で、このバラがアーチに絡んで咲くのを見ると、ちょっと羨ましくなりますが…。

そのほか、‘サクラバラ’や実生から育ったバラなども少しずつ開花が増えてきて、もう少しするとバラの華やかな季節を迎えられそうです。

‘サクラバラ(桜薔薇)’。優しいピンク色の花が、桜の風情に似ていることからこの名が付いたそう。性質は丈夫。秋まで咲く
‘サクラバラ(桜薔薇)’。優しいピンク色の花が、桜の風情に似ていることからこの名が付いたそう。性質は丈夫。秋まで咲く
実生で育ったバラ、名前は不明。とても可愛い花なので、毎年楽しみにしている
実生で育ったバラ、名前は不明。とても可愛い花なので、毎年楽しみにしている

クレマチスもちらほら咲いてきました。つる性なので、庭に高さを加えてくれるのがよいですよね。

先日、ガーデンショップで購入してきたクレマチスは、写真とは少しイメージが違いましたが、花色や咲き姿など少し様子を見て、植え場所を決めてあげたいと思います。実物を見ないで購入しているので、仕方ないこともありますね! ガーデナー“あるある”です(笑)。

クレマチス‘ドクタールッペル’。鮮やかな花色と、平たい大きな花の姿が目を引く
クレマチス‘ドクタールッペル’。鮮やかな花色と、平たい大きな花の姿が目を引く
このクレマチスは名前が不明。清楚な雰囲気で咲いてくれるので気に入っている
このクレマチスは名前が不明。清楚な雰囲気で咲いてくれるので気に入っている

ジャーマンアイリス、アヤメも咲き出しました。花後には線(ライン)の細い葉が残って、庭に動きをつけてくれます。このような線の美しい植栽は、庭には必要です。

アヤメ。葉は立ち上がり、線(ライン)の美しい姿。花もきれいで、楚々とした雰囲気が魅力
アヤメ。葉は立ち上がり、線(ライン)の美しい姿。花もきれいで、楚々とした雰囲気が魅力
ジャーマンアイリス。大きな花びらは、まるでドレスをまとったような優雅な姿。花色はさまざまある
ジャーマンアイリス。大きな花びらは、まるでドレスをまとったような優雅な姿。花色はさまざまある

少しずつリレーしながら咲き続いていく“宿根草ガーデン”では、花を楽しめるのは少しの期間という種類が多く、あとは葉っぱばかりを眺めることになります。ですから、葉の形状や色合いも大事になります。いつもどこかで花が咲いているように植栽を考えるのも大事です。

 

私は、毎日庭を観察しながら、花がなくてさみしいと感じた場所や、ここに丸い形状の花や穂状の花が必要と考えたら、すぐに花を探しに出かけます。今の時期に咲く花を見つけるためのショップめぐりです。お目当てのものを見つけて帰ってきます。それだけでなく、ほかのものも一緒に買ってきてしまいますが…、ガーデンショップにいる時間は本当に楽しいですよね。

「お宅のお庭は、いつが一番いいですか?」とよく聞かれますが、一言では言い切れませんね。たくさんの花が咲くのは7月あたまですが、その時々にお気に入りの花が咲いているのですから。

6月に入って咲き始めた宿根草の花々。写真はオリエンタルポピー
6月に入って咲き始めた宿根草の花々。写真はオリエンタルポピー
ジギタリス
ジギタリス
西洋オダマキ
西洋オダマキ
ハニーサックルもそろそろ開花しそう
ハニーサックルもそろそろ開花しそう

この記事を書いた人

走川  貴美

走川 貴美

「オフィスサムグリーン」代表。「AMAサポーターズ倶楽部」代表、2016年に第27回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰受賞。日本フラワーデザイナー協会の講師なども務める。6年前から長沼町に移り住み、約750坪の庭を手入れしながら大好きな花々と緑に囲まれて暮らす。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

9

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

連載記事

    • TOP
    • COLUMN
    • 今週の花(6月20日) 花盛りになりつつある庭