第11回

第11回 niwacul×コメリ ~“テーマカラー”で彩る花壇

「育てる」「楽しむ」「暮らす」「つながる」…etc. 庭から広がる〝楽しみ方(花・庭、DIY)のノウハウ″を、ホームセンター「コメリ」のマイスターたちが、テーマに沿ってお伝えしていきます。

 

今回の取材

コメリパワー苫小牧東店 グリーンマイスター(加藤さん、高橋さん)

色が与える印象とデザインのポイント

前回<第10回>の、夏のおすすめ“ブルーガーデン”に続いて、「ホワイトガーデン」、人気の「ピンクの花色」を集めたガーデン、「シックな色づかい」など、テーマカラーで楽しむデザインについてお伝えします。今の庭を見直したい、デザインを変えたいと思っている人にもすぐに取り入れられるポイントがありますので、ぜひご参考にしてください。

テーマカラー.01
憧れの“ホワイトガーデン”

白い花をメインやポイントにした“ホワイトガーデン”は、やわらかでふんわりとした雰囲気。純粋、上品、清らかといったイメージも与えてくれるでしょう。葉もののグリーンと組み合わせることで遠目からでも花が引き立ち、明るく見えます。

 

【ポイント】

・グリーンをしっかり入れて“ホワイト”をより引き立たせる
・同じ白でも色みの違いで差をつける

 

おすすめの花…ロベリア、バーベナ、フランネルフラワー、ニチニチソウ、ペチュニア、スカエボラ サンク・エール、ベゴニア、ダイアンサス、宿根フロックス、クレオメ、ゲラニウム、ラムズイヤー、ガウラ、ジギタリス、アジサイ‛アナベル’...etc

ダイアンサス。白花がとても美しく華やか。一年草または宿根草の品種もある
ダイアンサス。白花がとても美しく華やか。一年草または宿根草の品種もある
ガウラ。風に揺れる姿がとてもナチュラルな雰囲気。花色は白やピンクがある
ガウラ。風に揺れる姿がとてもナチュラルな雰囲気。花色は白やピンクがある
ラムズイヤー。葉や茎に白い毛を纏い、名前の通り「羊の耳」のような手触り
ラムズイヤー。葉や茎に白い毛を纏い、名前の通り「羊の耳」のような手触り
デルフィニウム。高さのある穂状に咲く白花が、庭に動きをつけてくれる。花の姿も魅力的
デルフィニウム。高さのある穂状に咲く白花が、庭に動きをつけてくれる。花の姿も魅力的
西洋アジサイ‛アナベル’。ホワイトガーデンでも活躍。白花から咲き進むにつれ、グリーンを帯びてくる様子も素敵
西洋アジサイ‛アナベル’。ホワイトガーデンでも活躍。白花から咲き進むにつれ、グリーンを帯びてくる様子も素敵

テーマカラー.02
大人かわいい“ピンク色ガーデン”

ピンク色の花は種類が多く、女性にも人気の高い花色。よく使われる定番の花色だからこそ、組み合わせやデザインで好みのイメージに近づけていきましょう。やわらかなピンクは優しいイメージに、赤に近い濃い色ならキュートに、彩度を下げればシックな印象に。

 

【ポイント】
・定番カラーだからこそ、高さや広がりなど動きを出す


おすすめの花…ミニバラ、インパチェンス、ニチニチソウ、ペチュニア、サフィニア、ランタナ、ダイアサンス、宿根リナリア、アストランティア、コスモス、マロウ、デルフィニウム、シュウメイギク、四季咲きバラ、西洋アジサイ‛ピンクアナベル’...etc

ピンク色のペチュニアは、エレガントな雰囲気。鉢植えにしてアクセントや、花壇ではほかの植物の足元の装いに
ピンク色のペチュニアは、エレガントな雰囲気。鉢植えにしてアクセントや、花壇ではほかの植物の足元の装いに
ダイアンサス。ピンク色の花が主流で、華やかに装ってくれる
ダイアンサス。ピンク色の花が主流で、華やかに装ってくれる
シュメイギク。ピンクや白の花色で、一重・八重咲きなどがある。秋に向かって花を咲かせる
シュメイギク。ピンクや白の花色で、一重・八重咲きなどがある。秋に向かって花を咲かせる
西洋アジサイ‛ピンクアナベル’。愛らしい雰囲気を加えてくれる
西洋アジサイ‛ピンクアナベル’。愛らしい雰囲気を加えてくれる

テーマカラー.03
シックな装いをプラス ~暖色系

赤・ピンク・オレンジなどの暖色系は、元気な「ビタミンカラー」の印象が強いかもしれませんが、同じ暖色系でも、彩度の低い色味を選べばシックで落ち着いた印象に。秋色の花々を思い浮かべるとイメージしやすいでしょう。華やかさを抑えて趣きのある雰囲気を演出できます。

 

【ポイント】
・全体の彩度を下げるとシックな印象にまとまる
・同色系でまとめると、カラーバランスを取りやすい

 

おすすめの花…ケイトウ‛スマートルック’、ベゴニア‛タブレット’、コリウス、ガーデンダリア、ジニア、チョコレートコスモス、エキナセア、リシマキア アトロパープレア、銅葉ユーフォルビア、ジャーマンアイリス、ダリア、ユリ、ヒューケラ、銅葉スモークツリー...etc

 

赤みを帯びた銅葉のケイトウ‛スマートルック’。葉の色合いも、赤い花もシックな雰囲気
赤みを帯びた銅葉のケイトウ‛スマートルック’。葉の色合いも、赤い花もシックな雰囲気
銅葉のベゴニア‛タブレット’。愛らしい花色に銅葉の組み合わせで、大人可愛い雰囲気
銅葉のベゴニア‛タブレット’。愛らしい花色に銅葉の組み合わせで、大人可愛い雰囲気
コリウス。カラフルな葉を楽しめる植物。選ぶ葉色によりさまざまな雰囲気を楽しめる
コリウス。カラフルな葉を楽しめる植物。選ぶ葉色によりさまざまな雰囲気を楽しめる
エキナセア。反り返る花びらとコロンとした花芯が特徴。赤系でも沈んだ花色が落ち着いた印象
エキナセア。反り返る花びらとコロンとした花芯が特徴。赤系でも沈んだ花色が落ち着いた印象
ヒューケラ。シルバーや黄みを帯びた葉、銅葉などがある。地植えのほか、寄せ植えに使うことも
ヒューケラ。シルバーや黄みを帯びた葉、銅葉などがある。地植えのほか、寄せ植えに使うことも

カラーリーフを取り入れる

カラーリーフは花とは別に花壇に彩りを加えたり、印象を変えたりするのにとてもおすすめ。銅葉は大人っぽく落ち着いた雰囲気、シルバーリーフは優しく清楚な雰囲気にできるでしょう。明るい葉色でも、彩度を意識するとシックなデザインに取り入れやすいと思います。

 

【ポイント】
・花の咲かない時期も葉色で華やかになる
・葉の形や動きがアクセントとなり、動きや変化が出る
・花を引き立ててより美しく見せる

 

おすすめの植物…コリウス、ラミウム、シロタエギク(ダスティミラー)、ヘリクリサム、ラムズイヤー、アサギリソウ、ポリゴナム(ヒメツルソバ)、リシマキア、ユーフォルビア、ヒューケラ、カレックス、フウチソウ、コクリュウ、ホスタ、ユーカリ、ハツユキカズラ...etc

コリウスの葉色を上手に取り入れて、彩りを加えたり、植栽のアクセントにしたり、引き締め役にも
コリウスの葉色を上手に取り入れて、彩りを加えたり、植栽のアクセントにしたり、引き締め役にも
シロタエギク。やわらかな質感のシルバーリーフ。黄色い花も咲かせるが、主に葉を楽しむ
シロタエギク。やわらかな質感のシルバーリーフ。黄色い花も咲かせるが、主に葉を楽しむ
ユーカリ。シルバーがかる葉色と、丸い形状の葉が可愛らしい。寄せ植えなどのアクセントに。また、切り花やドライフラワーにも利用できる
ユーカリ。シルバーがかる葉色と、丸い形状の葉が可愛らしい。寄せ植えなどのアクセントに。また、切り花やドライフラワーにも利用できる
アサギリソウ。シルバーリーフのやわらかく、ふわふわとした質感が特徴
アサギリソウ。シルバーリーフのやわらかく、ふわふわとした質感が特徴
ベニチガヤとホスタ。ベニチガヤは、赤褐色の美しい葉が庭の中で映える。秋はより赤みを増す。ホスタは、青みや黄色みの強いもの、斑入りの葉などさまざま。好みで選ぶことができる
ベニチガヤとホスタ。ベニチガヤは、赤褐色の美しい葉が庭の中で映える。秋はより赤みを増す。ホスタは、青みや黄色みの強いもの、斑入りの葉などさまざま。好みで選ぶことができる

 

今回、テーマカラーガーデンの植栽について教えてくれたのは、コメリパワー苫小牧東店のグリーンマイスター 加藤さん、高橋さんです。「この夏はコメリもおすすめする、夏にぴったり“青い花・ブルーガーデン”や、さまざまなテーマカラーで楽しむデザインに、ぜひチャレンジしてみてください」。

加藤さん
加藤さん
高橋さん
高橋さん

コメリパワー苫小牧東店
住所:北海道苫小牧市新開町2-2-3
TEL:0144-53-1600

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

3

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

連載記事

    • TOP
    • COLUMN
    • 第11回 niwacul×コメリ ~“テーマカラー”で彩る花壇