第28回

おしゃれで機能的なポタジェのデザイン ~野菜編

今回は、ポタジェがおしゃれに見えるアイデア<野菜編>をご紹介します――。 季節ごとの野菜やハーブ、果樹、お花など、相性のよいコンパニオンプランツを組み合わせながら育てて楽しむ“ポタジェのある暮らし”を紹介していきます。お料理や花のクラフトも。

プロフィール

藤井 純子さん

「Pure Potager(ピュア ポタジェ)」代表。ポタジェ・アドバイザーとしてセミナー講師のほか、新聞・雑誌にて執筆活動を行なう。野菜ソムリエ、ハーバルセラピスト。

 

 

野菜を育てる菜園がガーデンのように美しいと、お手入れの時間が楽しくなりますね! 今回は、「菜園(ポタジェ)」がちょっとした工夫でおしゃれに見えるアイデアをご紹介。それぞれの植物にとって快適な場所選びと合わせて、コンパニオンプランツもご紹介します。

 

写真は、私が手がけている今シーズンのポタジェの様子です。毎年レイアウトを変えながら、100㎡の敷地に野菜40種類、ハーブ40種類ほどを育てています。

いろいろな野菜とハーブを混植した菜園「ポタジェ」。多品目の野菜とハーブを、環境や相互作用も考慮して一緒に植栽し育てている。見た目もおしゃれにする工夫を施して!
いろいろな野菜とハーブを混植した菜園「ポタジェ」。多品目の野菜とハーブを、環境や相互作用も考慮して一緒に植栽し育てている。見た目もおしゃれにする工夫を施して!

ポタジェの植栽デザイン

●つるありインゲン(マメ科)

草丈が高くなる“つるありインゲン”は、円錐形に支柱を立て、周りの植物が日陰にならないようにポタジェの北側にレイアウトしています。

支柱を立てたところの足元に、タネを2~3粒ずつ蒔(ま)いて育てる
支柱を立てたところの足元に、タネを2~3粒ずつ蒔(ま)いて育てる

1カ月もすると、つるが支柱に絡まりながら上まで伸びます。ちょっとしたモニュメントのようですね。

収穫後は、支柱からつるを外すだけ。片づけもとっても簡単!
収穫後は、支柱からつるを外すだけ。片づけもとっても簡単!

 

●夏ダイコン(アブラナ科)×マリーゴールド(キク科)

夏まきダイコンは、秋まきダイコンに比べると病害虫が発生しやすく、栽培が難しいといわれますが、コンパニオンプランツとしてマリーゴールドを組み合わせたところ、きれいな夏ダイコンが育ちました。生育の早い夏ダイコンの品種を選ぶとよいでしょう。 

マリーゴールドの黄色やオレンジ色が、ポタジェのアクセントにもなってくれる
マリーゴールドの黄色やオレンジ色が、ポタジェのアクセントにもなってくれる
暑い時期にうれしい、ダイコンやズッキーニなどの自家製野菜のピクルス。カラフルな見た目で食欲もわいてくる
暑い時期にうれしい、ダイコンやズッキーニなどの自家製野菜のピクルス。カラフルな見た目で食欲もわいてくる

 

●スイスチャード(ヒユ科)

菜園の中にレンガを2つ重ねてレイズドベッドに。赤、黄色、白のスイスチャードを寄せ植えのように植えるだけで、おしゃれな印象になりますね。

レイズドベッドには、新しい培養土を入れると生育が格段によくなる
レイズドベッドには、新しい培養土を入れると生育が格段によくなる

 

●カボチャ(ウリ科)×エン麦

日当たりのよい場所を好むカボチャは、南側にレイアウト。カボチャやズッキーニ、キュウリなどに発生しやすい「うどんこ病」を予防してくれるエン麦を株元など数カ所に蒔いて育てます。

エン麦はオートミールの原料で、麦に比べてグルテンが少ないことから、健康志向の方に人気
エン麦はオートミールの原料で、麦に比べてグルテンが少ないことから、健康志向の方に人気

また、乾燥した茎は、カボチャの実の下に敷いたり、通路の敷き藁(わら)や土づくりなどに有効利用できますよ。

今年はラグビーボールのような形をしたタキイ種苗の‘ロロン’という品種を育てている。お菓子作りなどにも向く、コクがあるおいしいカボチャ
今年はラグビーボールのような形をしたタキイ種苗の‘ロロン’という品種を育てている。お菓子作りなどにも向く、コクがあるおいしいカボチャ

 

●芽キャベツ(アブラナ科)×リーフレタス(キク科)

アブラナ科の芽キャベツは虫がつきやすい野菜ですが、レタスを近くに植えることで害虫予防が期待できます。

芽キャベツの周囲をレタスで囲むだけで“ポタジェ”な雰囲気に
芽キャベツの周囲をレタスで囲むだけで“ポタジェ”な雰囲気に

 

●ビーツ(ヒユ科)

ボルシチでおなじみのビーツは、草丈が低く、周囲に日陰をつくらないので、小さなスペースでも育てることができます。

タイル敷きの通路脇の小さなスペースに、10株ほどのビーツを育てている
タイル敷きの通路脇の小さなスペースに、10株ほどのビーツを育てている

 

●アズキ(マメ科)

アズキは、マメ科の中では草丈が60cmほどの野菜です。もともとマメ科はあまり肥料を必要とせず、さらに周囲の植物にも栄養を分け与えてくれます。

今年は通路の両サイドにアズキを植えた。左側はトマトの株元にアズキが育っている
今年は通路の両サイドにアズキを植えた。左側はトマトの株元にアズキが育っている

よく見ると小さな可愛いサヤができています。黄色い花が美しいですね。

アズキの花はエディブルフラワーとしての利用も!
アズキの花はエディブルフラワーとしての利用も!

少量多品種を育てる「ポタジェ」はついついアレコレと植えたくなりますが、野菜は日当たりを好むものが多く、最終的な草姿(高さ・幅)を想像しながら配置することで、バランスのとれた美しい印象になります。
今の菜園の様子を見て、気づいた点はメモを残したり、写真を撮っておいたりしながら、来シーズンのプランをいろいろと練ってみてください。おしゃれなポタジェづくりを楽しみましょう!

 

次回<第29回>は、「おしゃれで機能的なポタジェのデザイン ~ハーブ編」をご紹介したいと思います。

この記事を書いた人

藤井 純子

藤井 純子

「Pure Potager(ピュア ポタジェ)」代表。ポタジェ・アドバイザーとして道新文化センター札幌校などのセミナー講師のほか、新聞・雑誌にて執筆活動を行なう。また、ポタジェの魅力を一冊にまとめた「Green Finger ポタジェ~小さな庭が与えてくれる恵みと幸せ~」を執筆。「コーチャンフォーミュンヘン大橋店」で取り扱いのほか、HPに掲載のネットショップを利用。またはAmazonでも販売、「ポタジェ」で検索。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

8

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

連載記事

    • TOP
    • COLUMN
    • おしゃれで機能的なポタジェのデザイン ~野菜編