第24回

With the Herb ~寒い冬にはホットミルクティー&チャイ風アレンジ

ハーブレシピのコーナーです。癒しの緑はもちろん、キッチンや暮らしにも大活躍のハーブ! ハーブ暮らしを気軽に・手軽に楽しむアイデアをお伝えしていきます。 

 

 

量のある缶入り茶葉やいただきものの紅茶など、おいしいお茶でもなかなか飲み切れないというときはありませんか? そんなときには、数種類の茶葉やハーブをオリジナルでブレンドして、ひと味違った味わいを楽しむのはいかがでしょう。今回は、ホットミルクティー&チャイ風のアレンジをご紹介します。

Recipe. オリジナルブレンド!
ホットミルクティー&チャイ風アレンジ

定番茶葉やフレーバーティー、緑茶などをベースに好みのハーブを加えたオリジナルブレンドティーを淹れ、温かいミルクを加えてホットミルクティーに。スパイスハーブを加えることでさらに味わい深いチャイ風にもアレンジできます。ハーブやスパイスはたくさんの種類をブレンドするほど味わいが深くなりますが、まずは3~4種類から始めてみるとよいでしょう。あまり難しく考え過ぎず、チャレンジしてみてください。

用意するもの

・お好みの茶葉(今回は、ベースに白桃烏龍のフレーバーティーを使用)
・お好みのハーブ(今回はローズ、カモミール)
・お好みのスパイスハーブ(今回はカルダモン、シナモン)
・牛乳

つくり方

1. ポットに茶葉を入れる。今回は、白桃烏龍が大さじ2、ローズ大さじ1、カモミール大さじ1。チャイ風にする場合は、さらにスパイスハーブを加える。今回はカルダモンとシナモンをプラス

 

【check!】 ベースとなるフレーバーティーとそのほかのハーブで1:1程度にすると、失敗しにくいです。もちろんお好みの割合でもOK!

白桃烏龍、ローズ、カモミールの茶葉を入れる
白桃烏龍、ローズ、カモミールの茶葉を入れる
カルダモンとシナモンを加えチャイ風に
カルダモンとシナモンを加えチャイ風に

 

2. 茶葉を入れたポットにお湯をそそぎ、フタをして少し蒸らす

お湯をそそいでフタをする
お湯をそそいでフタをする
少し蒸らすと茶葉がふっくら、香りが漂う
少し蒸らすと茶葉がふっくら、香りが漂う

 

3. 茶こしを使ってカップへティーをそそぐ(今回は、こし器の付いたポットを使用)。温めた牛乳を加えて、できあがり!

 

【check!】 ティーと牛乳の量は1:1をベースに、お好みで調整 してください。

ティーと温めた牛乳をカップへそそぐ
ティーと温めた牛乳をカップへそそぐ
ホットミルクティーのできあがり。スパイスも感じるチャイ風
ホットミルクティーのできあがり。スパイスも感じるチャイ風

おいしく淹れるポイント

ティーポットとカップは事前にお湯で温めておきましょう。お湯をそそいだあとの蒸らし時間は、茶葉の説明を確認してください。今回の白桃烏龍は1分半~2分程度が目安です。

浸出時間はこちら⇒ LUPICIA「いれ方の目安」 (参考:世界のお茶 LUPICIA(ルピシア))

 

*白桃烏龍のおいしいアレンジ*

輪切りにしたフルーツと一緒にティーを浸出してフルーツティーに! 今回は、白桃烏龍+りんご+オレンジ。カットしたフルーツをカップに入れたり、添えたりするとさらに香り高く楽しめます。

白桃烏龍の茶葉、カットしたりんごとオレンジを一緒にポットに入れ、お湯をそそいで蒸らす
白桃烏龍の茶葉、カットしたりんごとオレンジを一緒にポットに入れ、お湯をそそいで蒸らす
茶こしで濾しながらカップへ
茶こしで濾しながらカップへ
オレンジに切り込みを入れてカップに添える。香り豊かなフルーツティーに
オレンジに切り込みを入れてカップに添える。香り豊かなフルーツティーに

 

ベースにする定番ティーは、今回使った白桃烏龍(ウーロン茶ベースのもの)のほか、定番のアールグレイやダージリンはもちろん、緑茶やフレーバーティーもミルクに合います。ハーブやスパイスも自宅にあるものでまずはチャレンジを。シナモン+カルダモン+クローブのスパイスの組み合わせは、間違いなしのおいしさです。
また、ホットミルクの代わりに、豆乳やアーモンドミルクを加えても◎。豆乳は整腸や美肌効果、アーモンドミルクは抗酸化作用が高くアンチエイジング効果が期待できるといわれています。アーモンドミルクは味が濃厚なので、少しずつ足して分量を調整してください。

*朝食やおやつにホットシリアル*

ホットミルクティーをシリアルにかけて、ホットシリアルはいかがでしょう。好みに合わせてホットミルクティーに砂糖やハチミツで甘みを加えてもよいです。温かいミルクとハーブで体が温まるので、朝食にもおすすめ。

朝食やお子さんと一緒のおやつタイムなどに
朝食やお子さんと一緒のおやつタイムなどに

ブレンド茶葉を小分けにラッピング保管

ブレンドした茶葉を小分けにして保管しておけばすぐに飲めて便利ですし、可愛らしくラッピングしておけば気分もワクワクさせてくれるでしょう。ちょっとしたデコレーションでそのままプレンゼントにも。

茶葉をお好みでブレンドしてラッピング袋に入れ、電熱シーラーで封止します。1回分ずつパッケージして保管しておけば、いつでもオリジナルブレンドティーを楽しめます。ブレンドした内容を書いておくと、あとでわかりやすいです。

 

例)白桃烏龍、ローズ、カモミール、カルダモン、シナモン:計20g程度(1回分)でミルクティー300~500ml程度

白桃烏龍(ベースの茶葉)、ローズ、カモミール、カルダモン、シナモン
白桃烏龍(ベースの茶葉)、ローズ、カモミール、カルダモン、シナモン
食品用の乾燥剤を入れておくと◎
食品用の乾燥剤を入れておくと◎
ベースの茶葉とハーブ、好みでスパイスも。自由に組み合わて、計20g程度の小分けに
ベースの茶葉とハーブ、好みでスパイスも。自由に組み合わて、計20g程度の小分けに
小分けにしたら電熱シーラーで封止
小分けにしたら電熱シーラーで封止
ブレンド内容を貼っておく
ブレンド内容を貼っておく

おすすめの茶葉のブレンド

緑茶+ミント+レモンマートル

ミントとレモンの香りですっきりさわやか!
[効能] ・ミント:リラックス、胃腸の調子を整える ・レモンマートル:リラックス

 

ほうじ茶+ローズ+スターアニス
甘くてスパイシーなスターアニスでオリエンタル系の香りに。
[効能] ・ローズ:リラックス、女性ホルモンのバランスを整える ・スターアニス:ストレス解消、胃腸の調子を整える

 

ダージリン+オレンジ+シナモン
紅茶の定番ダージリンにフルーツで香りをプラス。
[効能] ・オレンジ:ストレス解消、リラックス ・シナモン:血行促進、胃腸の調子を整える

3~4種類のブレンドから始めて、いろいろな味わいを楽しんでみてください。寒い冬にはホットがおすすめです。ほっと一息のティータイムで、体も心も温まりましょう。

はじめは3~4種類のブレンドから、好みの味わいを探す楽しみも
はじめは3~4種類のブレンドから、好みの味わいを探す楽しみも

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

9

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

連載記事

    • TOP
    • COLUMN
    • With the Herb ~寒い冬にはホットミルクティー&チャイ風アレンジ