第4回

今週の花(7月19日) エゾクガイソウ

エルミタージュ=隠れ家的な、走川さんご夫婦のお庭から、今が旬の「今週の花」を紹介します。

撮影:走川 正裕 文:走川 貴美

エゾクガイソウ
エゾクガイソウ

ブルーガーデンの中にすっと立つ「エゾクガイソウ」。
その姿を見ていると、何事にもめげずにまっすぐ生きる、勇気ある人を思い浮かべてしまいます。

 

この花は数年前に友人から譲り受けました。下から順繰り咲きだして、淡いブルーから濃いブルーのグラデーションがきれいな花。自然のなせる業に感動します。
かなり大きく、花まで含めると2mくらいになるので、花壇の後方や、中央に植えて植栽デザインに動きをつけるのもよいでしょう。
植物名にエゾがつくと、なんでも大きくなりますね。

ごく小さな花が集まり、下から上に順に咲いていく
ごく小さな花が集まり、下から上に順に咲いていく
庭に咲くエゾクガイソウ。背が高く、尖った花の形状が目を引く
庭に咲くエゾクガイソウ。背が高く、尖った花の形状が目を引く

「クガイソウ」もあります。こちらは背丈70~80cmで、花色は少し薄い青になります。丸い形の花の近くに植えるとアクセントになってくれます。

 

わたしは青い花が好きで、ついつい集めてしまいます。

クガイソウ。形状の異なるほかの花の中で、アクセントに
クガイソウ。形状の異なるほかの花の中で、アクセントに

この記事を書いた人

走川  貴美

走川 貴美

「オフィスサムグリーン」代表。「AMAサポーターズ倶楽部」代表、2016年に第27回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰受賞。日本フラワーデザイナー協会の講師なども務める。6年前から長沼町に移り住み、約750坪の庭を手入れしながら大好きな花々と緑に囲まれて暮らす。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

8

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

連載記事

    • TOP
    • COLUMN
    • 今週の花(7月19日) エゾクガイソウ