ユリ、バラ、アジサイ…「百合が原公園」で真夏へ移ろう花々を満喫!

北海道にも爽やかな夏到来! 広大な敷地で育てられている植物は約6,400種類という、札幌市北区にある「百合が原公園」から、この夏!ご覧いただける魅力あふれる花々をご紹介します。園内を周遊するリリートレインの車窓からも色彩豊かなガーデンエリアを眺め楽しめます。

ユリの最盛期を迎える7月!
世界各国のユリに巡り合える「世界の百合広場」

華やいだ色とりどりの園芸種と希少な原種のユリ、約100種類2万株が6月中旬~8月中旬まで咲き競う
華やいだ色とりどりの園芸種と希少な原種のユリ、約100種類2万株が6月中旬~8月中旬まで咲き競う

札幌市北区最大のフラワーパーク「百合が原公園」の夏を彩る植物といえば、公園の名称に使われている「ユリ」がおすすめ!

例年、公園内でいち早く咲き始めるのは、百合が原公園のシンボルマークにもなっているエゾスカシユリ。世界で最も広く分布しているマルタゴンリリーやタケシマユリ、ヨーロッパでは聖母マリアの象徴とされる純白のマドンナリリー、日本の固有種ササユリなど、百合が原公園だからこそ見ることができる希少な原種のユリたちにご注目ください! 整形花壇の「中央花壇」や「星形花壇」では、彩り豊かな園芸種のユリが一面に咲き乱れ、人気の撮影スポットにもなっています。

 

【見どころ①】“王にふさわしい”という名の「リーガルリリー」

「リーガルリリー」は、白地に淡い赤紫の花色で、内側の基部は明るい黄色の美しいユリです。1903年、中国四川省のミン渓谷でイギリスのプラントハンター アーネスト.H.ウィルソン氏によって発見されました。百合が原公園ではウィルソン氏がこのユリを発見したときに見ているであろう風景を再現するため、約3,000球を植栽したコロニー(群落)をつくり上げました。また、今年度初の試みとして、リーガルリリーの大群落内に小道を設置。芳香も楽しめるリーガルリリーを間近でお楽しみください。

約3,000球のリーガルリリーを植栽しているコロニー。大群落をつくり出している
約3,000球のリーガルリリーを植栽しているコロニー。大群落をつくり出している
大輪で華やいだ色合いのユリが一面に広がる「中央花壇」や「星形花壇」
大輪で華やいだ色合いのユリが一面に広がる「中央花壇」や「星形花壇」

【見どころ②】各国の庭園と夏の植物たちが織りなす風景を楽しもう

日本、中国、ドイツ、アメリカの庭園が楽しめる「世界の庭園」では、アジサイやヘメロカリス、ナツツバキなどの夏の花が楽しめるようになります。50種類ほどのアジサイを観賞できる「アジサイコレクション」では、7月中旬から爽やかな水色や紫の花色だけでなく、赤や桃色、白といった鮮やかな色合いのアジサイが次々と見ごろを迎えます。
「日本庭園」の待合や東屋(あずまや)ではナツツバキやアジサイ、中国庭園の「瀋芳園」ではユリに似た花を咲かせるヘメロカリスやスイレンなども楽しめ、ドイツやアメリカの庭園ではバラやラベンダーなどの夏らしい彩りを堪能できます。

雨季の憂いも軽やかにしてくれる、爽やかな水色の手毬咲きのホンアジサイ(日本庭園)
雨季の憂いも軽やかにしてくれる、爽やかな水色の手毬咲きのホンアジサイ(日本庭園)
バラやラベンダー、スモークツリーが見ごろを迎える「ムンヒュナーガルテン」(ドイツ庭園)
バラやラベンダー、スモークツリーが見ごろを迎える「ムンヒュナーガルテン」(ドイツ庭園)

【見どころ③】リリートレイン、車窓から次々と広がる花風景と爽やかな夏を堪能

百合が原公園の四季折々のガーデンエリア1.2kmを、ゆっくり12分ほどかけて周遊する「リリートレイン」。沿線では西洋アジサイの‘アナベル’や、ユリの姿に似たヘメロカリス、四季咲きのバラなどが車窓に広がり、目を楽しませてくれます。開放された窓からは心地よい風が吹き込み、花々とともに、北海道らしい爽やかな夏を感じることができるでしょう。

咲き進むに連れて、黄緑色から美しい純白に花色が変化していくアジサイ‘アナベル’。大きな手毬の形が可愛らしい
咲き進むに連れて、黄緑色から美しい純白に花色が変化していくアジサイ‘アナベル’。大きな手毬の形が可愛らしい
ユリに似たヘメロカリス。一日花のため「デイリリー」とも呼ばれる。ただ、蕾(つぼみ)が多く付くので長く花を楽しめる
ユリに似たヘメロカリス。一日花のため「デイリリー」とも呼ばれる。ただ、蕾(つぼみ)が多く付くので長く花を楽しめる

【見どころ④】小中学生限定「リリートレイン」サマーイベント開催!!

7月22日(土)~8月20日(日)の期間、小中学生限定でリリートレインの乗車料がお得になるサマーイベントを開催します。

期間中は350円のところ250円に割り引き。また、まとめ買いすると次のようにさらにお得です。
・2人分まとめて買うと450円(250円券を個別に買うより50円お得)
・3人分まとめて買うと600円(250円券を個別に買うより150円お得)
・4人分まとめて買うと700円(250円券を個別に買うより300円お得)
・5人分まとめて買うと800円(250円券を個別に買うより450円お得)

百合が原公園で、夏休みを存分に楽しんでいただくサマーイベントです! このほかにも特典はいろいろ。ぜひご家族みんなでお出かけください。

サマーイベント期間に乗車してくれた小中学生には、ミニソフトクリームが250円で購入できるチケットプレゼント
サマーイベント期間に乗車してくれた小中学生には、ミニソフトクリームが250円で購入できるチケットプレゼント
8/9(水)はリリートレインの運転席観覧もできるよ! 10時~15時30分まで開催
8/9(水)はリリートレインの運転席観覧もできるよ! 10時~15時30分まで開催

【見どころ⑤】繰り返し咲きのバラも見ごろ!北国の風土に合うバラたちが競演する

6月下旬~7月にかけて、華やいだ花姿と香りも楽しめる植物といえば「ハマナシ」や「バラ」。百合が原公園では、北国の風土に合い、耐寒性や耐病性に長けた品種を園内各所に多く植栽しています。

一番人気は、針葉樹林の中にある100mほどのバラの散歩道「ローズウォーク」。道の両側には個性豊かなオールドローズやイングリッシュローズを植栽しており、満開になると、たわわな花房と香りが満ちあふれます。このほか、ラベンダーと深紅のバラが咲く花壇や、繰り返し咲きのシュラブローズを30種類以上見ることができる花壇も。北海道の花「ハマナシ」が50種類ほど楽しめる花壇は、リリートレインの沿線を飾ります!

この時期に一度だけ咲く一季咲きのオールドローズをメインに、イングリッシュローズなどを植栽している「ローズウォーク」
この時期に一度だけ咲く一季咲きのオールドローズをメインに、イングリッシュローズなどを植栽している「ローズウォーク」
開花期間が長く、深紅のバラ4種類と花壇を縁取るように紫色のラベンダーの美しい共演が楽しめる
開花期間が長く、深紅のバラ4種類と花壇を縁取るように紫色のラベンダーの美しい共演が楽しめる

百合が原公園スタッフのおすすめ!

百合が原公園 管理事務所
伊藤 早織さん
百合が原公園 管理事務所
伊藤 早織さん

百合が原緑のセンター “自慢のコレクション”が並ぶ展示会
屋外花壇で華々しい植物たちが咲き競う頃、百合が原緑のセンターでは2種類の自慢のコレクションの展示会が同時開催中です。

中温室では、妖精や天使が舞うような可愛らしい花姿が魅力の「フクシア展」が8月13日(日)まで開催。小温室では、7月17日(月・祝)まで「ユリ展」を開催し、北海道や日本作出のハイブリッドのユリと、ユリ協会で開催した講習会にて作出することができた受講生の作品も披露されます。

妖精のような花姿のフクシアが一度に130種楽しめる、百合が原緑のセンター 自慢のコレクション
妖精のような花姿のフクシアが一度に130種楽しめる、百合が原緑のセンター 自慢のコレクション
屋外の花壇でもユリが最盛期を迎える頃、日本で作出された新品種のユリなどが会場を飾る
屋外の花壇でもユリが最盛期を迎える頃、日本で作出された新品種のユリなどが会場を飾る

【Information】レアな花苗と今注目の講習会、さらに北海道牛乳を使った優しい甘味のアイスはいかが?

公園に遊びに来た皆さんが立ち寄られる施設といえば、「ガーデンショップ」と「レストラン百合が原」。ガーデンショップは、ほかのお店ではなかなか手に入らないようなレアな花苗や新品種の花苗などの取り扱いがあることでも有名ですが、その花苗たちを使った「ブリコラージュフラワー」の講習会も毎回大好評。また、レストランでは北海道産の牛乳を使った優しい甘味のソフトクリームが大人気。近隣農家さんの野菜を使ったキーマカレーや夏野菜カレー、ゆり根のコロッケもおすすめです!

「ブリコラージュフラワー」の講習会は注目の一つ
「ブリコラージュフラワー」の講習会は注目の一つ
「深緑」をイメージして、うぐいす色のフレーバー(きなこ味)をふりかけたフラワーアイス(450円/税込)
「深緑」をイメージして、うぐいす色のフレーバー(きなこ味)をふりかけたフラワーアイス(450円/税込)

札幌「百合が原公園」

住所:札幌市北区百合が原公園210
TEL: 011-772-4722(百合が原公園管理事務所/庭園・リリートレイン)
駐車場:あり(276台・無料) ※冬期間中はP2駐車場のみ開放(138台・無料)
※公園は通年24時間開放・無料
URL:https://yuri-park.jp/

 

【園内施設の詳細】
・温室(百合が原緑のセンター) TEL:011-772-3511
営業:通年、8:45~17:15 ※月曜休み(月曜祝日の場合翌平日)
料金:温室/高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上、障がいのある方は証明書等提示で無料
URL:https://yuri-park.jp/guide/facility/

 

・ガーデンショップ TEL:080-1978-0536
営業:通年、9:30~17:00 ※月曜休み(月曜祝日の場合翌平日)
URL:https://yuri-park.jp/guide/facility/gardenshop/

 

・レストラン百合が原 TEL:011-774-3522
営業:4/14(金)~11/5(日)、イートイン11:00~15:00(LO14:30)・テイクアウトコーナー10:00~16:00、期間中無休
URL:https://yuri-park.jp/guide/facility/restaurant/

 

・世界の庭園 
営業:4/22(土)~11/5(日)、期間中無休
料金:高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上、障がいのある方は証明書等提示で無料
URL:https://yuri-park.jp/guide/facility/teien/

 

・リリートレイン
営業:4/22(土)~10/29(日)、4月~9月までは無休、10月は平日運休

料金:小学生以上1回350円※未就学児、障がいのある方は証明書等提示で無料
URL:https://yuri-park.jp/guide/facility/lilytrain/

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

9

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

  • TOP
  • COLUMN
  • ユリ、バラ、アジサイ…「百合が原公園」で真夏へ移ろう花々を満喫!