編集長のちょこっと“花旅” 夏の「上野ファーム」さんへ

北海道ガーデンを代表する一つ、旭川市の緑豊かな永山町にある「上野ファーム」さんのお庭と、上野砂由紀さんに会いに行ってきました。

 

オープンと同時に伺ったのですが、園内を回っていると、朝からたくさんの方がいらっしゃって、思い思いに過ごされている様子。お庭を散策したり、花の写真を撮ったり、木陰に置かれたガーデンファニチャーに身をゆだねて、のんびりと過ごしている姿も。

 

花や緑に囲まれてガーデンでゆっくりと過ごすのは、やっぱりいいものですね。特に朝のガーデンは気持ちがよいです。

さわやかな青空の下に広がるガーデン
さわやかな青空の下に広がるガーデン
木陰の休憩スペース。くつろげる場所がガーデン内の各所に設けられる
木陰の休憩スペース。くつろげる場所がガーデン内の各所に設けられる
上野ファームの季節の花の装飾とともに、記念の一枚を
上野ファームの季節の花の装飾とともに、記念の一枚を

上野ファームさんでは、北国のこの土地に合った宿根草をメインに、花色豊かに、四季折々のガーデン風景を楽しめるよう植栽デザインしています。

 

ガーデンは10のエリアに分かれており、白樺を背景にした「ミラーボーダー」ガーデン、印象的なレンガのアーチとサークル状に植栽デザインされた「サークルボーダー」ガーデン、バラと宿根草がナチュラルに咲く「マザーズガーデン」、水辺の小島に三角屋根のお家が愛らしい「ノームの庭」など、それぞれのテーマに沿ったエリアが展開していきます。訪ねたことがある方はもちろん、写真などでも目にしたことのある方も多いでしょう。

 

いずれのエリアも、北海道らしいダイナミックな植栽がやはり見事です。青空に向かって植物たちが立ち上がり、花を咲かせる様子はとても印象的。

夏の鮮やかな花々が青空に向かって咲く。エリアはミラーボーダー
夏の鮮やかな花々が青空に向かって咲く。エリアはミラーボーダー
マザーズガーデン。ナチュラルな装いで咲く花々
マザーズガーデン。ナチュラルな装いで咲く花々
ノームの庭。宿根草の花々とグラス類、土地の野草なども植栽される個性あふれるエリア
ノームの庭。宿根草の花々とグラス類、土地の野草なども植栽される個性あふれるエリア

そしていつも思うのですが、次々と目移りするほど花や植物の種類が多い。こっちは丸い花、こっちは平たい花、あっちはフサフサしている、あれは尖った形、そして色も違う!などと一つひとつ見ていくと、あっという間に時間が経ってしまいます。
季節によっても咲く花が異なるので、いつ行ってもワクワクとさせてくれます。

花の色や姿、葉っぱの形や模様などさまざま 
花の色や姿、葉っぱの形や模様などさまざま 

とはいえ今シーズンは猛暑続きでした。盆地の旭川は特に暑いはずなのですが、花たちは元気に咲いています。上野さんにお聞きすると、やはり「植物たちの水やりが追いつかなくて…」と話していましたが、閉園後、遅くまでかかって、水やりやお庭のお手入れを行なっていたとのことです。上野ファームさんの花たちが生き生きとした姿を見せているのは、そのおかげなのですね。

 

上野さんもお元気そうで(よかった!)、いつもの素敵な笑顔を見せてくれました。

いつも素敵な笑顔の上野砂由紀さん。この日はカメラを持って、ガーデンの撮影をしながら、気になる花を見つけるとお手入れも
いつも素敵な笑顔の上野砂由紀さん。この日はカメラを持って、ガーデンの撮影をしながら、気になる花を見つけるとお手入れも

そのほか上野ファームさんでは、新しいスタイルでリニューアルオープンした「カフェ」で過ごしたり、おすすめの宿根草の苗や可愛い雑貨のお買い物も楽しめるので、ガーデンを散策した後に立ち寄ってみるのもよいでしょう。ちなみに私は、アイスコーヒーをいただいてカフェでひと休みを。

納屋のカフェ「NAYA café」。白樺の幹の装飾が北海道らしい
納屋のカフェ「NAYA café」。白樺の幹の装飾が北海道らしい
テラス席は、奥にガーデンの花々が見え隠れする
テラス席は、奥にガーデンの花々が見え隠れする
赤い屋根のお店で、雑貨のお買い物も
赤い屋根のお店で、雑貨のお買い物も

今回の「上野ファーム」

住所:北海道旭川市永山町16丁目186
電話:0166-47-8741
営業:10:00~17:00
営業期間:4月10月~10月17日(ガーデン公開期間)
定休日:期間中なし
料金:入園料/大人1,000円、中学生500円、小学生以下は無料 
HP:https://uenofarm.net/

投稿募集中!

魅力あふれる花スポット、自宅のお庭や花の様子など、皆さんもお便りください

投稿フォームはコチラ

https://www.niwacul.jp/post/


素敵な写真が撮れたら、niwaculのInstagram(インスタグラム)にもぜひご参加を!

https://www.instagram.com/niwacul/

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

8

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

  • TOP
  • COLUMN
  • 編集長のちょこっと“花旅” 夏の「上野ファーム」さんへ