<前編>七草とお月見団子で 中秋の名月を愉しむ

野花を飾り、お供えものをしてお月見を
野花を飾り、お供えものをしてお月見を

北海道の短い夏はあっという間に過ぎ、気づけば秋の気配。空が高くなり空気も澄んで、少しずつ秋の季節を感じ始めます。秋の夜空を楽しめる季節行事といえば、〝中秋の名月(お月見)″です。

 

中秋の名月は、旧暦の8月15日にお月見をするという習わし。旧暦では7月~9月を秋として、その真ん中の8月15日を中秋、その晩に昇る月のことを「中秋の月」と呼んでいました。「十五夜のお月様」という名称も、旧暦の名残と言われています。

 

この時期になると秋の気候も安定し、さわやかな秋晴れの中で美しい満月が輝きます。秋の収穫祭などとも結びつき、お供えものをして豊かな実りに感謝と祈りを捧げながら月を鑑賞する文化が生まれ、息づいてきたものです。

旧暦と新暦にはずれがあるため、年によって中秋の名月の日にちは異なります。2021年は9月21日(火)が、中秋の名月となります。

また、秋の訪れをいち早く知らせる植物といえば、秋の七草。七草といえば、春の七草の「七草がゆ」も有名ですが、秋の七草は主に鑑賞して楽しむもので、ススキ(尾花)・クズ(葛花)・ナデシコ(撫子)・オミナエシ(女郎花)・フジバカマ(藤袴)とキキョウ(桔梗)・ハギ(萩)の7つ。

キキョウ。古くからなじみ深い花
キキョウ。古くからなじみ深い花
セイヨウフジバカマ(ユーパトリウム)。ふさふさとした花姿が特徴
セイヨウフジバカマ(ユーパトリウム)。ふさふさとした花姿が特徴
ハギ(白花)。赤紫や白い花を枝垂れて咲かせる
ハギ(白花)。赤紫や白い花を枝垂れて咲かせる

秋の七草は、「万葉集」で知られる歌人・山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ2つの歌が由来とされています。
・秋の野に 咲たる花を 指折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 
・萩の花 尾花葛花 撫子(なでしこ)の花 女郎花(をみなえし) また藤袴 朝顔の花 
(万葉集より)

 

月の光をたよりに秋の野花を愛で、歌を詠んでいたのでしょうか。なだんか風流ですね。

 

これらは野に咲く花たちのなので、ご自宅ではお庭やお花屋さんで手に入るような、ススキやキキョウ、キクやハギなど、秋らしい花をお月見団子と一緒に飾って、満月とともに楽しみましょう。
ススキを飾るのには、稲穂に見立て、豊作に感謝するという意味や、神様が休憩する場所として魔除けの意味などがあると言われています。

摘んでいるのはセイヨウフジバカマ(ユーパトリウム)。秋の七草とされる一つ。スッと伸びた茎の先に優しい雰囲気の花を咲かせる
摘んでいるのはセイヨウフジバカマ(ユーパトリウム)。秋の七草とされる一つ。スッと伸びた茎の先に優しい雰囲気の花を咲かせる
庭から摘んだセイヨウフジバカマ、ススキ、ハギなどの七草と、アスターやワレモコウなど季節の花とともに秋のアレンジ
庭から摘んだセイヨウフジバカマ、ススキ、ハギなどの七草と、アスターやワレモコウなど季節の花とともに秋のアレンジ

秋の七草を飾ろう ~七草を取り入れたフラワーアレンジ

野に咲く七草や、お庭やお花屋さんで手に入る秋色の花を取り入れてアレンジに。植物自体の草丈や草姿(形)を生かすと、自然な雰囲気に仕上がってくれます。

高く線状に広がるススキ、弓状に枝先を垂らすハギが、アレンジに動きをつけている
高く線状に広がるススキ、弓状に枝先を垂らすハギが、アレンジに動きをつけている
お庭の中にアクセント的に飾るなら、摘んだ草花の草姿を生かして、ダイナミックに飾り付けても素敵
お庭の中にアクセント的に飾るなら、摘んだ草花の草姿を生かして、ダイナミックに飾り付けても素敵

[使用した花] ※「◎印」は秋の七草
・シマススキ◎
・ヘリアンサス(宿根ヒマワリ)
・アスター(淡い青紫、紫、ピンクの3種類)
・ワレモコウ
・ハギ◎
・ヨウシュヤマゴボウ
・セイヨウフジバカマ(ユーパトリウム)◎
・ヒぺリカム
・リシマキア'ファイヤークラッカー’

室内の窓辺やお庭のテラスなどで楽しむ際には、ほどよいサイズ感のアレンジを。色みは数種類に絞るとまとまりよく仕上がる。秋を感じさせる庭の花々を添えて
室内の窓辺やお庭のテラスなどで楽しむ際には、ほどよいサイズ感のアレンジを。色みは数種類に絞るとまとまりよく仕上がる。秋を感じさせる庭の花々を添えて

[使用した花] ※「◎印」は秋の七草
・細葉ススキ◎
・シュウメイギク(ジャパニーズアネモネ)
・ダリア
・カワラナデシコ◎
・ホトトギス
・ヨウシュヤマゴボウ
・アムソニア(チョウジュソウの葉)

シュウメイギク(秋明菊)。晩夏から秋にかけて咲く
シュウメイギク(秋明菊)。晩夏から秋にかけて咲く
ホトトギス。古くから親しまれる花の一つ、個性的な花の姿が魅力
ホトトギス。古くから親しまれる花の一つ、個性的な花の姿が魅力
カワラナデシコ。秋の七草の一つ、清楚な姿で風に揺れる
カワラナデシコ。秋の七草の一つ、清楚な姿で風に揺れる

秋のアレンジトとともにお供えする、お月見団子の作り方は、「<後編>七草とお月見団子で 中秋の名月を愉しむ」でお伝えします。後編へ、つづく。

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

8

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

  • TOP
  • COLUMN
  • <前編>七草とお月見団子で 中秋の名月を愉しむ