<後編>七草とお月見団子で 中秋の名月を愉しむ

前編では、秋の夜空を楽しめる季節行事〝中秋の名月(お月見)″に飾る、秋の草花のアレンジトをお伝えしました。後編では、一緒にお供えするお月見団子の作り方をお伝えします。

今年(2021年)の中秋の名月は9月21日(火)です。お子さんをはじめご家族と、飾るお花を準備したり(前編を参照)、お団作りを楽しんではいかがでしょうか。

お月見団子を作ろう

お月見に欠かせないお団子も、実りの秋を象徴するお供えもの。十五夜に合わせて15個を、ピラミッドのようにお供えしているのをよく見かけると思いますが、食べやすいように串に指すのもおすすめです。地域によって異なるようですが、中国四国地方では串に指したお団子をお供えするのがスタンダードとか。

 

お月見団子(白玉団子)は自宅で簡単に手作りできます。絹ごし豆腐を入れることで、やわらかい食感に。走川先生が「息子が小さいときに、一緒によく作って楽しんだ」という、お月見団子(白玉団子)の作り方をご紹介します。

[材料]
・白玉粉 250g
・絹豆腐 300g
・和三盆(砂糖) 小さじ1(山盛り)

[作り方]
1. ボウルに材料を入れる。豆腐は水切りをせずに、最初に半分。練りながら耳たぶ程度のかたさになるように、残りの豆腐を加えて調節。かたい場合は水を足す

2. 表面にツヤが出て滑らかになるまで、よく練ってなじませる

3. そのままでは大きいので、半分の大きさにカット。半分にカットした1つを、棒状に少し伸ばして4等分にする

4. さらに1切れを3等分(全部で12等分)に一口サイズにカットしたら、ころころと丸く形を整えて、お団子サイズに整形していく

5. 沸騰させたたっぷりのお湯に、丸く整形したお団子を入れて茹でる。浮き上がってからさらに1分ほど茹でる

6. 茹で上がったら火を止めて鍋から取り出し、冷水に上げて冷ます

7. かたく絞った布巾などの上にお団子を並べて水分を切り、串に指して餡(あん)を絡める

8. お好みで醤油だれを絡めたり、ゴマ砂糖などをまぶしてできあがり。[保存]白玉団子は冷蔵(1日程度)、冷凍保存も可能。食べるときは電子レンジで解凍

お団子に ~醤油餡とゴマ砂糖

醤油餡 [材料]
・醤油 大さじ2
・砂糖 大さじ3
・水  大さじ4
・片栗粉 小さじ2
材料をすべて混ぜ、鍋で焦げないよう加熱する。少し冷ましてお団子に絡める

 

ゴマ砂糖[材料]
・すりゴマ 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・塩  少々
材料をすべて混ぜ合わせるだけ。お団子にまぶしていただく

2021年の中秋の名月は9月21日。準備も楽しみながら、ご家族と一緒にお月見を…
2021年の中秋の名月は9月21日。準備も楽しみながら、ご家族と一緒にお月見を…

この記事を書いた人

niwacul編集部

niwacul編集部

北海道のガーデニング&カルチャーWEBマガジン「niwacul(ニワカル)」編集部。ていねいな暮らしを楽しむガーデナーによる、北海道の生活情報発信メディアです。

書いた記事を見る

\ このページをイイネする /

7

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

  • TOP
  • COLUMN
  • <後編>七草とお月見団子で 中秋の名月を愉しむ