ムラサキシキブの剪定の仕方は? 1

ムラサキシキブが大きくなりすぎて、どのように剪定してよいのか分かりません、教えてください。

旭川市 M.Sさん

ムラサキシキブ、コムラサキシキブは、冬の間に先枯れを起こすことがあります。剪定は春をおすすめしますが、枯れ枝と生きてる枝の区別がつきにくいので、芽吹き後に剪定するといいでしょう。
剪定方法は、枯れ枝を取り、込み合った枝は付け根から抜き去ります。徒長枝は樹形や樹勢を乱してしまうので、できるだけ取り去ります。内芽を残して剪定すると、木の中心に向かって伸びて込み合ってしまうので、外芽を残すようにして剪定してください。耐寒性があまり高くないムラサキシキブが旭川で大きくなっているって素晴らしいと思います。大切に育ててください!
  • ムラサキシキブ。花はあまり目立たないが、秋に光沢のある紫色の小さな実を多数付け、愛らしい姿が特徴

  • 実が白いシロシキブもある

回答者

森 正浩 さん

長年、造園会社に勤め、主に圃場にて樹木の管理・栽培、造園時の樹木の選定などを担当。2019年秋から樹木専門「森さんの所」開業、代表。樹木の販売をメインに、植栽、剪定や冬囲いなどの管理業務を行なう。現在、娘さんが同社で修行中。

書いた記事を見る

関連する植物

  • ムラサキシブ

    ムラサキシブ

  • コムラサキシブ

    コムラサキシブ

  • シロシキブ

    シロシキブ

\ このページをイイネする /

1

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。