鉢植えでシンボルツリーを育てる 1

鉢植えで育てる樹木について。シンボルツリーを設置したいのですが、適する樹種や冬越しは?

札幌市 M.H

鉢の大きさにより育てられる樹種は大きく変わってきます。直径1m以上・深さも1m以上ある特注品の大鉢であればある程度の樹種に対応できますが、直径50~60㎝程の市販で入手できる鉢では低木~中低木くらいが限度です。
例えばスモークツリーなら、1m以上の大鉢は‘グレース’などの大きく育つ品種でも構いませんが、小さな鉢では矮性品種の‘ゴールデンスピリット’や‘ヤングレディ’など。また、大鉢なら乾燥に強いアオハダなども植えられます。小さな鉢では四季を通して楽しめるアロニア‘アルブティフォリア’や花色の変化が美しいノリウツギの品種、フォッサギラ‘ブルーシャトウ’はブルーグレーの葉と個性的な花を楽しめますし、常緑のコニファー類も品種の選び方で植え込み可能です。
注意点は、鉢の素材や冬期間の積雪状況で、雪積の少ない場所では鉢割れしない素材を選ぶことと、地植えよりも根が凍りやすいなど過酷な条件となるため、耐寒性の強い樹種選びや鉢の内側にスタイロフォーム(断熱材)を入れるなど凍害対策への工夫も必要になります。

回答者

森 正浩 さん

長年、造園会社に勤め、主に圃場にて樹木の管理・栽培、造園時の樹木の選定などを担当。2019年秋から樹木専門「森さんの所」開業、代表。樹木の販売をメインに、植栽、剪定や冬囲いなどの管理業務を行なう。現在、娘さんが同社で修行中。

書いた記事を見る

関連する植物

\ このページをイイネする /

1

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。

\ この記事のタグ /