アメリカテマリシモツケが咲かない 1

植えて5~6年になるアメリカテマリシモツケが、一度も花を付けません。剪定が悪いの?

札幌市 T.S

アメリカテマリシモツケはバラ科・テマリシモツケ属で、耐寒性があり丈夫な樹木です。花芽は花後の夏以降につくられ、翌年花を咲かせます。よって剪定時期は、花後すぐに行なうのが理想です。秋や春に剪定してしまうと、花芽も一緒に切ってしまうことになるため、花数は極端に少なくなります。また、半日陰でも育ちますが、その場合も花数は少なくなり、葉色もきれになりません。 成長のよい‘ディアボロ’などの品種は、上部が弱ったり、勢いがなくなってくると株元から若い芽が出てくるようになります。古い枝は花数が減ってしまうので、定期的に若い枝に更新しながら育ててあげることによって、花数も増えてきます。
  • 写真は、剪定前(左)と剪定後(右)。茂りすぎた枝や古い枝などをすっきりと整理して、来年の花芽を促す

回答者

森 正浩 さん

長年、造園会社に勤め、主に圃場にて樹木の管理・栽培、造園時の樹木の選定などを担当。2019年秋から樹木専門「森さんの所」開業、代表。樹木の販売をメインに、植栽、剪定や冬囲いなどの管理業務を行なう。現在、娘さんが同社で修行中。

書いた記事を見る

関連する植物

  • アメリカテマリシモツケ

    アメリカテマリシモツケ

\ このページをイイネする /

1

※会員ログイン後はお気に入り登録されます。